ゲレンデ帰りに寄りたい!栃木県のスキー場周辺の日帰り温泉10選

関東で最も寒く降雪量の多い栃木県には、多くのスキー場があります。特に首都圏からのアクセスも良いので、日帰りスキーが満喫できるスポットとなっています。そして塩原や那須などスキー場の近くには、有名な温泉地があるのも栃木県の魅力です。そこで今回は、栃木県のスキー場周辺の日帰り温泉を紹介します。

更新日2021/11/29

スキー場周辺のスポットを紹介

温泉

那須温泉 鹿の湯(なすおんせん しかのゆ)

・鹿も癒された歴史ある名湯

茶臼岳東南山麓に位置する那須温泉ファミリースキー場は、那須高原にある100%天然のパウダースノースキー場です。スキー専用初心者から上級者まで思い切り、スキーを楽しめます。

那須温泉ファミリースキー場から約8分の鹿の湯は、傷ついた鹿が浸かっているところを発見されたことから鹿の湯と名づけられたという伝承がある、ひなびた木造建築が歴史を感じさせる名湯です。

また、全国的にも珍しいかぶり湯で温泉効果を高める入浴法で、のぼせ、吐気、頭痛、肩こり、首のこりなどに効果があるといわれています。泉質は白濁した湯が特徴の硫黄泉で、肌に吸い付くようなやわらかさで、体中が温まります。

那須の郷土料理といえば那須和牛です。那須地域を中心に多くのお店で提供していますが、立ち寄りやすさといえば、 鹿の湯から約15分の道の駅 那須高原友愛の森です。レストランの なすとらん では、地場産の食材を活用した那須和牛ステーキ丼や那須高原野菜カレーなどが食べられますよ。

住所:〒325-0301 栃木県那須郡那須町湯本181
アクセス:東北自動車道・那須ICから約33分

 

大丸温泉 相の湯(おおまるおんせん あいのゆ)

・300年もの歴史ある天空の秘湯

那須温泉ファミリースキー場から約1分のところにある国民休暇村那須にも、おすすめの温泉があります。那須七湯の一つである大丸温泉は1695年に発見されたと伝えられています。そして国民休暇村那須にある相の湯は、その大丸温泉を源泉とする温泉となっています。

標高1,200mからの絶景の湯は、白銀の世界が広がる那須野ヶ原を一望でき、じっくり浸かれば、スキーで疲れた体を完全にリセットしてくれるでしょう。

泉質は単純温泉、単純泉で、刺激が少ない身体にやさしいお湯で、関節痛、筋肉痛、運動機能障害、リュウマチなどに効能があります。

帰りに小腹がすいたら、国民休暇村那須からクルマで約15分のペニーレイン那須店に寄ってみましょう。英国風でクラシックな雰囲気のベーカリーフェ&レストランで、ビートルズの世界観に包まれて焼き立てのパンを食べられます。

住所:〒325-0301 栃木県那須郡那須町湯本137-14
アクセス:東北自動車道・那須ICから約29分

 

新湯温泉 湯荘白樺(あらゆおんせん ゆそうしらかば)

・乳白色の天然硫黄泉で温まる湯泥パックも楽しめる

日光市にあるエーデルワイススキーリゾートは、超緩斜面のファミリーゲレンデからパウダースノーが楽しめる上級のチャレンジコースまで、どんなレベルの人でも満足できるスキー場です。そして近郊には、塩原温泉郷の標高970mにある新湯温泉があります。

クルマで約11分の新湯温泉 湯荘白樺は、乳白色の天然硫黄泉が特徴で、天然の硫黄泉を自然の恵みそのまま掛け流しています。お湯は最初は透明ですが時間がたつと自然に乳白色に変色します。この酸性の温泉は、高血圧や胃潰瘍、関節リウマチなどに効くとされている他、源泉の底から汲み上げた成分の濃い灰色の泥である湯泥で、お肌がつるつるになる湯泥パックも試せます。

湯荘白樺から約11分の塩原街道沿いにある、こばや食堂は那須名物のスープ入り焼きそばが人気のお店。スープ入り焼きそばは鶏ベースの醤油スープにソースがきいた焼きそばという一度食べたら病みつきになる味わいです。

住所:〒329-2922 栃木県那須塩原市湯本塩原14
アクセス:東北自動車・西那須野塩原ICから約35分

 

~滝見の宿~ゆとりろ那須塩原(たきみのやど ゆとりろなすしおばら)

・自家源泉の大浴場か、星空を眺める貸切露天風呂か悩みが尽きない温泉

エーデルワイススキーリゾートから約22分の滝見の宿ゆとりろ那須塩原にも日帰り入浴施設があります。自家源泉を愉しめる大浴場では打たせ湯やサウナもあり、岩づくりの露天風呂では、目の前に広がる自然と清流に心から癒されます。

単純温泉(低張性中性高温泉)の泉質は、自律神経不安定症、神経痛、五十肩、不眠症、うつ状態、疲労回復、健康増進に効能があるとされているので、スキー帰りの疲れた体の回復にピッタリです。また、予約が必要ですが、最上階の貸切露天風呂は雄大な山ビューや満天の星空とともにプライベートな時間が楽しめます。

24時まで営業しているので、時間を気にせず存分にスキーを楽しんでも間に合いますよ。

東北自動車・西那須野塩原ICに向かう帰りの道中、時間があれば立ち寄ってもらいたいおすすめの食事スポットが、チーズガーデン塩原珈琲です。落ち着いた店内では、御用邸チーズケーキや塩原珈琲限定あっぷるぱい、塩原オニオンカレーなど、フードメニューも充実しています。

住所:〒329-2921 栃木県那須塩原市塩原1115-2
アクセス:東北自動車・西那須野塩原ICから約35分

 

ハンターマウンテン塩原 福の湯(はんたーまうんてんしおばら ふくのゆ)

・女性にうれしい美白の湯や樽風呂も楽しめる

首都圏最大級のスノーリゾートとして知られるハンターマウンテン塩原は、初心者が安心して滑れるコースから3,000mのダウンヒルが楽しめるコースまで、全12コースからなるスキー場です。そして日帰り入浴のできる温泉も施設内にあります。

ハンターマウンテン内の温泉 福のゆ の泉質は、無色透明のナトリウム炭酸水素塩泉という成分が含まれているため、女性にうれしい美白と潤いの効果があります。さらに、 3〜4人で入浴できる直径6尺の大きさの樽風呂で、家族やグループで利用できる貸切温泉風 樽の湯や、 絶景が魅力の展望の湯、そしてドライヤー付きのトリミングルームも完備したペットの湯もあります。

また、ハンターマウンテンには、本格窯焼きピッツァや、トロトロのオムライス、食べるカレーやサンドウィッチなど、5つの店舗で食事が楽しめます。

住所: 〒329-2922 栃木県那須塩原市湯本塩原115
アクセス:東北自動車・西那須野塩原ICから約67分

 

塩原元湯温泉 大出館(しおばらもとゆおんせん おおいでかん)

・タオルも真っ黒に染まるお湯にビックリ!

ハンターマウンテン塩原から約17分のところにある温泉が、もうひとつのおすすめである源泉かけ流し温泉の大出館です。なかでもぜひ浸かってもらいたいのが鉄分をたっぷり含んだ真っ黒なお風呂 墨の湯があります。通常、鉄分の多い温泉と言っても赤茶の色をしたものがほとんどですが、黒いというのは他にありません。

効能としては、リュウマチ、糖尿病、関節痛、神経痛があり、また貧血ぎみの方は飲むとに良いとされてます。お湯に浸かると、黒い湯花が体に付着し、真っ黒に染まったタオルが思い出になりますよ。他にも天候や季節により色が変化する五色の湯や、壮大な雪景色が爽快な気分にさせる露天風呂などが楽しめます。

お帰りの際には、東北自動車道・西那須野塩原ICに向かう途中にある道の駅アグリパル塩原に立ち寄って、素朴で懐かしい田舎の味や塩原産の新鮮野菜や果物のスイーツやジェラートを食べてください。

住所:〒329-2922 栃木県那須塩原市湯本塩原102
アクセス:東北自動車・西那須野塩原ICから約55分

 

那須大丸ガーデン(なすだいまるがーでん)

・野趣溢れる天然温泉で脱力

マウントジーンズ那須は、那須連山の絶景が楽しめ、家族連れに人気のキッズパークが充実しているスキー場です。もちろん最長滑走距離1,507mのブナなどの自然林に囲まれ、途中には急斜面、コブ斜面のあるチャレンジしがいのある上級者専用コースもあります。

クルマで約11分の那須大丸ガーデン内にある温泉は、かけ流しの純天然硫黄温泉で、内湯と露天風呂の日帰り入浴ができます。

効能は、神経痛、リウマチ、糖尿病、婦人病、皮膚病、心臓弁膜症、痛風などで、スキー帰りには体がほぐれてリラックスした気分で帰途につけます。食堂や物産店も併設しているので気軽に立ち寄ってみてください。

栃木のブランド牛 とちぎ和牛は、黒毛和種の子牛を指定生産農家が一頭一頭大切に育てあげたもので、とろける旨みが魅力です。那須大丸ガーデンから約24分の和牛ステーキ桜なら、最も食べごろの熟成されたステーキが提供されていますよ。

住所:〒325-0001 栃木県那須郡那須町高久甲4585-4
アクセス:東北自動車道・那須ICから約23分

 

那須温泉 山楽(なすおんせん さんらく)

・自家源泉を源泉かけ流しで入れる贅沢な湯

マウントジーンズ那須から約14分の那須温泉 山楽もおすすめの日帰り温泉施設があります。那須温泉郷のひとつである山楽の大露天風呂は、湧出量毎分800リットルの湯量を誇る自家源泉を源泉かけ流しで入れる贅沢な湯となっています。

泉質は単純温泉(低張性中性高温泉)で、効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじきなどスキー後に最適な効果があります。

館内には、内湯は広い湯船で隔石を設けてある洗い場なので、源泉かけ流しの湯と、木漏れ日を浴びながら入れる露天風呂があります。

お帰りには那須のレストラン 那須高原バルに立ち寄りましょう。那須高原和牛ハンバーグなど、 那須高原の地場産品等に スポットを当てた料理がおいしいと評判のお店です。また、テイクアウトもできるのも嬉しいですね!

住所:〒325-0301 栃木県那須郡那須町湯本206
アクセス:東北自動車道・那須ICから約28分

 

光德温泉(こうとくおんせん)

・お湯がエメラルドグリーンに変わる温泉

光德温泉日光アストリアホテルが運営する光徳クロスカントリースキーコースは、通常のアルペンスキーと異なり雄大な雪景色の中を滑ったり闊歩しながら、大自然の美しさや解放感を気軽に満喫することができるスキー場です。そして、スキーの後には、日光アストリアホテルの露天風呂で疲れた体を癒すことができます。

日光アストリアホテルの温泉は、日光湯元を源泉とする源泉かけ流しの光德温泉です。濃度が高い硫黄泉のにごり湯は空気に触れると無色透明から色が変わり、アクアブルーや時にはエメラルドグリーンに変わる美しく神秘的なお湯です。

また、様々な効能があり、スキー後の疲れた心と体をリフレッシュしてくれます。また、森の中の一軒宿となっているため、露天風呂では満天の星空の下での入浴を楽しめます。

日帰り温泉プラスお食事のお得なプランがあります。ステーキセットや和風御膳といった食事でお腹を満たして温泉でゆっくりとくつろいで2,500円と非常にリーズナブルです。

住所:〒321-1661 栃木県日光市光徳温泉日光アストリアホテル
アクセス:日光宇都宮道路・清滝ICから約52分

 

湯守塩屋(ゆもりかまや)

・歴史ある濃厚な乳白色の温泉

日光湯元温泉スキー場は日光国立公園の中心に位置し、日光の奥座敷湯元温泉にある栃木県内1位の人気を誇るスキー場です。戦場ケ原、男体山と奥白根を望むコースは初級者、中級者、そしてファミリー向けとなっています。

スキー後のお楽しみである日帰り温泉には、スキー場から約2分で行ける湯守釜屋がおすすめです。湯守塩屋は240年以上の歴史ある温泉宿で、湯元温泉の高温の源泉を加水に、白根沢の湧水で温度調整された美肌と美白効果が高い乳白色の温泉は、肌触りはとてもまろやか。ただし、メタケイ酸が通常の2倍含まれた泉質が濃厚なため、入浴は1回30分、1日合計3回までの入浴がおすすめとなります。

名物の茶屋特製のおぞう煮が絶品の龍頭之茶屋や、 清流でいれたコーヒーと施無畏だんごが美味しい旅情庵がおすすめです。

住所:〒321-1662 栃木県日光市湯元温泉
アクセス:日光宇都宮道路・清滝ICから約54分

 

スキー場で楽しんだ後は温泉に浸かりたいと思う方にとっては、温泉が豊富な栃木県は最高の選択となるはずです。それぞれのスキー場近くには複数の温泉があり、どの湯に浸かるかを考えるのも楽しみですね。

雪に強いSUVはどれだ?

雪道でも安心なSUVを見てみる

 

—————————–
文・SUV FREAKS編集部

SUV専門のWEBマガジンです。
キャンプや釣りなどの用途や予算別のおすすめSUVの紹介、新型モデルの解説、ライバル比較など、SUVのご購入時にお役立ちの情報から最新ニュースまで幅広い情報を発信しています。

公式facebook:SUV Freaks SUVを楽しむ人のための情報メディア