【SUVで行きたい】関東地方の川釣りスポット10選

川釣りが人気らしいけどその良さがわからないとか、釣り堀と違ってどこに行ったら釣れるのかわからないという方もいるかもしれません。川釣りは自然の中でのんびりしながら楽しんだり、釣り場にもドライブ気分で行けたりと、魚を釣るだけじゃない魅力があります。 そこで、川釣りを楽しめる関東の川釣りスポットを紹介しますので、今度の休みにぜひ川釣りにチャレンジしてください。

更新日2022/06/07

関東地方の川釣りスポットの特徴

川釣り

関東地方の釣りスポットの特徴は、本格的な渓流釣りから初心者でも安心な穴場までバラエティ豊かなスポットが都心からアクセスよく行けること。さらに、清流の流れる河川の多いこともあげられます。

 

神奈川県

相模原市緑区「うらたんざわ渓流釣場(うらたんざわけいりゅうつりば)」

・神の川の清流でヤマメやイワナを釣る醍醐味が楽しめる

うらたんざわ渓流釣場は、ブナの原生林を育む山々から清らかな水を道志川に注ぐ神の川の最上流部に位置する渓流の釣り場です。神の川はカゲロウなどの水棲昆虫の宝庫でもあり、水のきれいさが魅力です。

渓流釣場の全長は約1.5kmもあり、釣場はフライ専用のエリア、広いバックヤードと豊富な魚種が特徴のビギナー向けのエリア、滝や落ち込みが連続する自然派志向のエリアといったの3つのエリアから釣りのスタイルに合わせて選べます。

放流されている魚種は、ヤマメ、イワナ、オリジナルアルビノヤマメで、ビギナー向けエリアではニジマスとアルビノマスが加わります。

売店では、オリジナルフライ、ルアー、その他釣り用品、軽食、飲み物などが販売していて、休憩所やトイレもあるので安心して釣りが楽しめます。

住所:〒252-0162 神奈川県相模原市緑区青根3769
アクセス:首都圏中央連絡自動車道・相模原ICから約40分

 

川崎市多摩区「多摩川 稲田堤(たまがわ いなだつつみ)」

・都心のすぐ隣の川釣りスポット

あまりきれいではないというイメージもある多摩川ですが、近年は天然のアユの遡上も確認されるなど水質も抜群によくなっています。その中でおすすめしたいのが、神奈川県側の稲田公園前を中心とした稲田堤です。

稲田堤は多摩川の中でもブラックバスの釣果実績が非常に多いことで知られ、スモールマウスバスが狙える数少ないポイントとなっています。また、ナマズやコイなどの定番の魚種以外にも、ヤマメやオイカワなどの清流を好む淡水魚の釣果もあります。また、準絶滅危惧種とされるスゴモロコも釣れるようです。

稲田堤は都心からもアクセスしやすく市街地に隣接するため利便性も良いのが特徴の、川釣りスポットとして人気があります。ただし、管理釣り場ではないので、マナーを守って釣りを楽しむ必要があります。

住所:〒214-0003 神奈川県川崎市多摩区菅稲田堤2丁目9-1(川崎市営稲田公園)
アクセス:中央自動車道・調布ICから約12分

 

東京都

西多摩郡檜原村「トラウトファーム秋川(とらうとふぁーむあきかわ)」

・東京であることを忘れる自然の中で川釣りを楽しむ

北秋川の清流と奥多摩の澄み切った空気の中にあるトラウトファーム秋川は、東京都に残る唯一の村の檜原村にあり、都内から日帰りで釣りやBBQを楽しめ自然の中で過ごせるスポットです。

トラウトファーム秋川の釣り場は、秋川渓谷の自然をそのまま活かしており、お子様でも釣れる釣り堀もあり、ヤマメやニジマスを釣ったり夏場は川魚の掴み取りをしたり、子供たちの自然体験ができます。

そして、秋川渓谷の水で育ったヤマメは川原のBBQスペースで新鮮なまま焼いて食べられます。

また、八王子方面から訪れると、体験型美術館の檜原 森のおもちゃ美術館や、木の香りがいっぱいの木工製品を販売する森のささやき、さらに東京サマーランドなど立ち寄りたいスポットが点在しています。

住所:〒190-0200 東京都郡西多摩郡檜原村樋里8902-1
アクセス:首都圏中央連絡自動車道・あきる野ICから約40分

 

西多摩郡奥多摩町「大丹波川国際虹ます釣場(おおたばがわこくさいにじますつりば)」

・都会の喧噪を離れて奥多摩の自然を満喫できる釣り場

大丹波川国際虹ます釣場は、大丹波川の中流に位置し、奥多摩町でも都心部に最も近く規模も大きい釣り場です。都会の喧噪を離れて奥多摩の豊かな自然を満喫できる釣り場です。

釣り場は足場がよくポイントも豊富です。釣場エリアは、一般下流エリア、一般中級エリア、一般上級エリアと団体エリアに分かれており、上流エリアは最小限の設備に抑えられ、ベテランにもルアーやフライでファイトしがいのあるポイントとなります。

また、中流エリアは川原が広いので釣りをしながら川原でBBQが楽しめます。釣れる魚種はニジマスがメインですが、時期によってはイワナやヤマメも狙えます。

獅子の口から清澄な水が湧出するようにみえる「獅子口の湧水」、多くの登山コースがあっる「御前山」、奥多摩源流の清冽な水が育んわさびを使用したわさび漬やなどを販売する「千島わさび園」などの見どころもあります。

住所:〒198-0101 東京都西多摩郡奥多摩町大丹波114
アクセス:首都圏中央連絡自動車道・日の出ICから約40分

 

群馬県

吾妻郡長野原町「源流釣り場 人間牧場(げんりゅうつりば にんげんぼくじょう)」

・本業は牧場主?源流ならではの美しく美味しい魚が釣れるスポット

源流釣り場 人間牧場は、夏でも涼しい標高1,150mにある釣り場です。浅間からの伏流水が牧場敷地内に湧き出しており、ヒメマス、イワナ、ヤマメ、ニジマスが放流されています。上流から上級、中級、初心者向けと、レベルに合わせて釣りが楽しめます。

浅間の湧き水で育った魚達は透明度が高いので本来のきれいな色をしています。釣った魚は自ら炭火で焼いて食べますが、炭の火起こしや串刺し、そして塩かけまではスタッフが手伝ってくれるので安心です。また、要望があれば刺身で提供してくれ、さらに食事処では五郎平米のおにぎりが食べられます。

また、オーナーの本業は牧場なので併設しているチーズ牧場では、モッツァレラタイプ、カマンベールタイプ、チェダータイプなどの各種のチーズを購入できます。

森を流れる始まりの川で一日釣りをして、美味しい魚を召し上がってはいかがでしょうか。

住所:〒377-1524 群馬県吾妻郡長野原町 町北軽井沢1990-807
アクセス:上信越自動車道・碓氷軽井沢ICから約61分

 

多野郡神流町「渓流釣り場ようらく(けいりゅうつりば ようらく)」

・味にこだわるならここの魚たち!

渓流釣り場ようらくは、周囲を1,000mを越える山々に取り囲まれた源流釣り場です。神流川の支流を何kmも奥に入り、最下流部は標高700m、最上流部は900mという高低差は200mにもなのがようらくの渓流釣り場です。

養殖魚種はヤマメが70%、イワナが20%、マスが10%という割合で、レインボートラウト、とブラウントラウトも追加されています。また、天然魚種もイワナ80%、ヤマメ20%となっています。

谷川の低水温域で生まれた魚達はサイズは大きくならないかわりに味を与えてくれます。釣りの醍醐味は魚のサイズですが、味にこだわるならようらく育ちが最高です。

その他、魚の販売や、ヤマメの燻製 (30cm級のヤマメの2匹入りパック)、骨酒用の岩魚の焼き魚(2尾入りパック)なども販売されているのでお土産にどうぞ。

住所:〒370-1603 群馬県多野郡神流町持倉570番地
アクセス:上信越自動車道・富岡ICから約64分

 

栃木県

塩谷郡塩谷町「鬼怒川(きぬがわ)」

・一級河川である鬼怒川で大ヤマメを狙う!

栃木県を代表する一級河川である鬼怒川の特徴は、利根川の支流として最も長い全長176.6kmを誇ることです。川釣りのターゲットターゲットとしてはアユのイメージが強いですが、上流にはイワナやヤマメ、中流にはサクラマスも生息しています。

最近の鬼怒川本流はヤマメ釣りの注目度が年々高まり、全域で大ヤマメが釣れるチャンスがあるので、多くの釣り人が挑戦しやすい釣りポイントです。

中流部でのアユとヤマメで、中流部までは都心から2時間弱で行くことができるのアクセスの良さで人気があり、アユ釣りは6月から解禁となり、シーズン後半には25cmクラスが釣れる可能性もあります。

また、鬼怒川と言えば温泉ですが、釣り帰りに温泉に浸かるのもおすすめです。

住所:〒329-2335 栃木県塩谷郡塩谷町上平(鬼怒川本流上平地区)
アクセス:東北自動車道・宇都宮インターチェンジから約20分

 

茨城県

北茨城市「大北川 花園川(おおきたがわ はなぞのがわ)」

・天然遡上するアユや落ちアユも狙える

茨城市を流れる大北川周辺は自然豊かできれいな川なので、幼魚も放流しているアユをはじめ、イワナやヤマメ釣りなどができます。釣り場も多く、初心者からベテランまで釣りを楽しむことができるスポットとなっています。そして支流の花園川も釣りポイントとなります。

本流の大北川は、三鈷室山を水源として太平洋に注ぐ全長約22kmの河川で、花園川は北茨城市磯原町で合流する支流になります。上流域は変化に富んだ渓相なので、ヤマメやイワナが釣れるポイントが多数あり、下流域ではアユが天然遡上しているため、友釣りはもちろん餌釣りもできます。さらに落鮎の季節には大物も期待できます。

大北川、花園川ともに県内では人気のスポットですが、管理釣り場ではないので自己責任においてマナーを守って釣りを楽しみましょう。

住所:〒319-1543 茨城県北茨城市磯原町磯原(合流地点)
アクセス:常磐自動車道 北茨城ICから約5分

 

埼玉県

秩父市「大血川溪流観光釣場(おおちがわけいりゅうかんこうつりば)」

・大スケールの奥秩父の山谷に囲まれた渓流釣場

秩父多摩甲斐国立公園内の中にあり、奥秩父の山谷に囲まれた渓流釣場は、目の前に広がる大スケールの自然風景が魅力の釣りスポットです。大血川は川底がよく見えるほど澄みわたっており、野鳥のさえずりが聞こえる渓流で、釣りを楽しむことができます。

釣り場は、本格的な渓流釣りを楽しむ方のためのストリームエリアで、ヤマメとイワナ、安全に楽しめる砂利場の管理エリアではニジマスが釣れる2タイプのコースにわかれています。

ここでは 粋のいいイワナ、ヤマメ、マスが釣れ、釣った魚を塩焼きにして食べるこができます。また、炭火場で食べるBBQも絶妙です。

住所:〒369-1901 埼玉県秩父市大滝5199-1
アクセス:関越自動車道・花園ICから約86分

 

秩父市「奥秩父源流 中津川渓流釣り場(おくちちぶげんりゅうなかつがわけいゆうつりじょう)」

・奥秩父の源流で渓流釣りと温泉三昧

秩父地方の西端を流れる中津川にある渓流釣り場は、四季折々の美しい自然あふれる抜群のロケーションの中で、全長500mの広大な敷地で渓流釣りが楽しめるフィールドです。ヤマメ、イワナ、マスなど、様々な魚を放流しており、釣った魚をその場で直火BBQで堪能できます。

釣り場のにはBBQスペースが設けられており、釣った魚をその場で食べることも可能です。また、用具や食材、飲み物などが揃った手ぶらでBBQサービスは、面倒な準備がいらないので大好評です。

心地よい渓流のせせらぎを聞きながら、家族や仲間とで魚を釣ってBBQをすればきっと盛り上がるでしょう。

さらに花園ICからの道中にある、道の駅 大滝温泉では、深さ1,000mから湧き出し、美肌効果もある大滝温泉を使用した、日帰り温泉遊湯館があるので、ついでに寄る事をおすすめします。

住所:〒368-1903 埼玉県秩父市中津川447
アクセス:関越自動車道・花園ICから約111分

 

関東地方の川釣りスポットの魅力はアクセスの良さと河川や渓流の多さです。残念ながら千葉県には川釣りに適した河川がありませんでしたが、その他の件には紹介しきれないほどの川釣りスポットがあります。これからの季節は川釣りに最適ですので、ぜひ関東地方の川釣りを楽しんで下さい。

釣りに使えるSUVをチェック

 

—————————–
文・SUV FREAKS編集部

SUV専門のWEBマガジンです。
キャンプや釣りなどの用途や予算別のおすすめSUVの紹介、新型モデルの解説、ライバル比較など、SUVのご購入時にお役立ちの情報から最新ニュースまで幅広い情報を発信しています。

公式facebook:SUV Freaks SUVを楽しむ人のための情報メディア