同じ欧州コンパクトSUVでもこんなに違う!DS3 クロスバックとアウディ Q2

ステランティスN.V.の高級車ブランド、DSオートモビルのコンパクトSUV「DS3クロスバック」と、ドイツの高級車ブランド、アウディの「Q2」。どちらも上質な内外装と扱いやすいサイズ、さらに価格帯も近いモデルですが、ブランドによってどんな特徴があるのでしょうか。比較してみましょう。

更新日2022/08/10

高級コンパクトSUVにふさわしいデザインとは


DS3クロスバックは、2019年6月に販売開始されたモデルです。

彫刻的な造形の前後バンパーに、真珠を連ねたような印象的なデザインのデイタイムランニングライト、シャークフィンタイプのBピラー、フラッシュサーフェス処理された格納式のドアハンドルなど、ラグジュアリーな要素をちりばめつつ個性的なディテールがデザインのポイントです。

アウディQ2はアウディのラインアップでもっともコンパクトなSUVで、2017年4月に発表されました。
アウディ Q2 35 TFSI アドバンスド 2021
デザイン要素はポリゴン(多角形)で、スクエアなスタイリングにエッジが強調された前後バンパーやプレスラインがポイント。アウディのスポーティで堅実なデザイン性のラインアップにおいては特徴的なデザインと言っても良いでしょう。

それぞれのボディサイズは、DS3 クロスバックが全長4,120mm×全幅1,790mm×全高1,550mmに、ホイールベース2,560mm。Q2は、全長4,200mm×全幅1,795m×全高1,530mmに、ホイールベース2,595mmと似ています。

いずれも一般的な機械式立体駐車場に対応した全高1,550mm以下ですので、都市部での使い勝手もよく、扱いやすいモデルとなっています。

EVも用意されるDS3クロスバック

DS3クロスバック Eテンス 2021
DS3クロスバックに用意されるパワートレインですが、1.2L 直3DOHCガソリンターボと、また2022年5月に追加されたクリーンディーゼル「Blue HDi」の1.5L 直4ディーゼルターボがあり、トランスミッションは8速AT、駆動方式はFFです。

それぞれのスペックは1.2Lターボが最高出力96kW(130PS)/5,500rpm、最大トルク230Nm/1,750rpm、1.5Lディーゼルターボは最高出力96kW(130PS)/3,750rpm、最大トルク300Nm/1,750rpmとなっています。

さらにEVモデルの「E-TENSE」もあります。こちらは最高出力100kW(136PS)/5,500rpm、最大トルクは260Nm/300-3,674rpmというスペックです。

Q2のパワートレインは、1.0L 直3DOHCガソリンターボと1.4L 直4DOHCガソリンターボの2種類でトランスミッションは7速Sトロニック、駆動方式はFFです。

エンジンのスペックは、1.0Lターボが最高出力85kW(116kW)/5,000-5,500rpm、最大トルク200Nm/2,000-3,500rpmというスペック、1.4Lターボは最高出力110kW(150PS)/5,000-6,000rpm、最大トルク250Nm/1,500-3,500rpmです。

こちらのエンジンはシリンダー休止システムCODを採用することで、燃費効率を改善しています。

また1.0Lエンジンは999ccという排気量で、自動車税が圧倒的に安くなることも魅力ですね。

ゴージャスなDS3クロスバックと、シンプルでスポーティなQ2


DS3クロスバックのインテリア(内装)は、パリの職人技と美学であるSAVOIR FAIRE(サヴォア・フェール)が息づくこだわりのデザインです。

インパネまわりのデザインは、多数のピラミッドが連なっているように刻まれた精緻な“クル・ド・パリ”の文様をあしらったスイッチやクロームのベゼルが配置され、ラグジュアリーな雰囲気が感じられます。

さらに2種類の異なる密度のフォームを部位ごとに使い分けて快適なサポートをするシートや、6:4分割可倒式のリアシートによる高い実用性、スマートフォンのワイヤレス充電、高級オーディオブランド、フランスFOCAL社のサウンドシステムなどラグジュアリーモデルにふさわしい快適装備(グレード別装備)のほか、「OPERA」グレードには高級なナッパレザーが採用され、ウォッチストラップをイメージしたゴージャスなパターンがデザインされています。、

アウディ Q2 ドイツ 2020年10月
対するQ2のインテリアは、シンプルな水平基調のダッシュボードと、随所に配置された幾何学的なデザインエレメントが特徴です。

スポーティでありながら機能的。ドライバーズメーターは標準だとアナログ仕様ですが、オプションで高解像度12.3インチTFTディスプレイの「アウディバーチャルコックピット」が用意されています。速度やエンジン回転だけでなく車両情報を見やすく表示します。

インフォテインメントシステムは、8.3インチのセンターディスプレイで操作でき、スマートフォンをUSBポートに接続して、さまざまなコンテンツやアプリケーションを連動させて操作できます。

充実の先進安全運転支援システム

DS3クロスバックには、先進安全運転支援システム「DS ドライブアシスト」がグレード別に標準装備、もしくはオプションで用意されています。

これにはトラフィックジャム付きのアクティブ・クルーズ・コントロールとレーンポジショニングキープを統合したシステム、また時速5km/h〜140km/hで作動する衝突被害軽減ブレーキ、アクティブブラインドスポットモニターなどが含まれます。

Audi Q2 #contrast limited

Q2の先進安全運転支援システムは、衝突被害軽減ブレーキであるアウディプレセンスフロント、駐車をサポートしてくれるアウディパーキングシステム、ハイビームアシスト、アダプティブクルーズアシスト、サイドアシスト(ブラインドスポットモニター)などが含まれます。

また対向車や前方を走るクルマにハイビームを照射しないよう自動でコントロールするマトリクスLEDヘッドライトも一部グレードにオプションで用意されているなど、コンパクトクラスながらどちらも充実の装備が魅力です。

DS3クロスバックはフランスのデザインセンスが随所にちりばめられた高級感のある内外装、デザイン性の高い仕上がりと先進的な装備を楽しむことができます。このフランス的なこだわりポイントです。

対するQ2はアウディのラインアップでも個性的なデザインと、シンプルながらも上質感のあるインテリアがポイント。スポーティなモデルを数多く手掛けるアウディならではの走りの良さが気になる方におすすめです。

SUV在庫台数日本一を誇るSUVLANDで中古情報をチェック!

—————————–
文・SUV FREAKS編集部

SUV専門のWEBマガジンです。
キャンプや釣りなどの用途や予算別のおすすめSUVの紹介、新型モデルの解説、ライバル比較など、SUVのご購入時にお役立ちの情報から最新ニュースまで幅広い情報を発信しています。

公式facebook:SUV Freaks SUVを楽しむ人のための情報メディア