BMWのクーペSUV、X2、X4、X6を紹介

BMWのXシリーズの中でも特に偶数モデルの車両は、それぞれのスタイリングが非常に個性的であると言われています。SUVの中でもクーペSUVと呼ばれる部類になるものですが、今回はクーペSUVであるX2、X4、X6の紹介です。X2、X4、X6それぞれのXシリーズ偶数モデルでBMWらしさが表れているデザインとはどのようなものかをご紹介します。※2018年11月時点に発売されているモデルについて解説しています。

更新日2019/09/25

X2

BMW X2 2018

X2は2018年4月に発売を開始したBMWのクーペSUVです。オフロード走行はもちろん、都会的なイメージも兼ね備えたSAC(スポーツ・アクティブティ・クーペ)として仕上げられています。そして、メーカー関係者が謳っているように、X2はこれまでのBMW車が持つイメージに新しいコンセプトを付け加えた車両であると言われています。機能性・走行性だけでなく個性や創造性も同時に追求することをコンセプトに開発・設計されたSUV、それがX2なのです。このようなバックグラウンドがあるため、車両のデザインにも新しいデザインが導入されています。

BMWの象徴であるキドニーグリルの下部の幅が広くなっている(他のモデルでは上部の幅が広くなっていることがほとんど)、大型化されたキドニーグリル下のエア・インテーク、Cピラーに組み込まれる形となっているホフマイスター・キンクによって生み出されるエッジの効いた外観、そしてCピラーに付けられているBMWのブランド・ロゴ、新しい取り組みと古き良き時代の名残を感じさせる車、それがX2なのです。

ルーフに関しては、BMWらしさを表現するために無骨さを残したようなデザインに意図的にしているとのこと。BMWが考える個性・独創性を感じることのできるクーペSUVに仕上がっています。

X2のグレードは4種類用意されており、価格が最も安いグレードは直列3気筒ガソリン・エンジンを搭載するX2 sDrive18iの436万円です。

 

X4

BMW X4

プレミアム・ミドル・クラスSACとしてX4が初めて登場したのは2014年、そのX4の新型となるモデルは今年2018年9月6日に発表されました。

存在感・優雅さに加えて力強さを併せ持ったエクステリア、というものをイメージして開発・設計されたモデルで、実際にそれをエクステリアに似つけることができます。例えば、新型X4のホイールベースは2,865mmですが、これは旧型X4のホイールベース2,810mmと比較して55mm長いです。これによってX4のクーペラインに従来よりもデザイン性を持たせることを諮っています。その他にはキドニーグリルの大型化や専用のリアLEDライトなどが採用されている点が特長的です。

グレードは3種類用意されており、その中でベースグレードにあたるモデルのBMW X4 xDrive30iは2.0L直列4気筒ガソリン・エンジンを搭載しているモデルになります。価格は764万円です。

 

X6

X6シリーズは2008年から販売されているBMWのSUVラインナップのひとつです。2014年8月にフルモデルチェンジが行われました(一部モデルを除き納車は同年12月から行われていた)。なお、2017年には一部モデルに装備品が新たに追加されています。

この新型X6は、世界初のSACと言われた初代X6モデルと同様ないしはそれ以上に、スポーティー性に磨きをかけたモデルになっている点が特長的です。スポーティー性に合わせてエレガントなクーペとなるようにルーフラインやボディ・ラインが与えられています。X4ほどではありませんがキドニーグリルも程よい大きさで、車両全体として非常にバランスの取れているスタイリングである点は注目です。

新型X6は4つのグレードが用意されています。その中で最も価格が安いモデルはX6 xDrive35iです。3.0L直列6気筒DOHCエンジンを搭載しているこのモデルの価格は979万円となっています。価格を見てわかるとおり今回紹介している中で最も高いモデルで、X6 xDrive50i M Sportのグレードは13,83万円と、X2のベースグレードのおよそ3倍です。

上記で少し触れたように、2017年にアメリカン・オーク・ウッド・トリムが別グレードであるBMW X6 xDrive35i M Sportに標準装備となりました。

 

今回はBMWのクーペSUVであるX2、X4、X6のスタイリングをメインとした特長を紹介しましたが、どの車両もBMWらしくスタイリッシュでありながらオフロード走行もできる車両となっています。上記のように数字が大きくなるにつれて価格が高くなっていますので、予算に合わせてどのモデルを購入するか検討されることをおすすめします(フラッグシップとなると1,000万円を超えるものも)。スタイリッシュなクーペSUVで運転を楽しみたい方におすすめのモデルたちです。

 

SUV在庫台数日本一を誇るSUVLANDで中古情報をチェック!