月1回の給油でOK!航続距離1000km以上の国産SUVランキングTOP9

決して安くはない自動車のランニングコストを削減したいと思う方にとって、燃費性能の良し悪しはクルマ選びの重要な要素です。しかしせっかくならもう一歩先を行く「航続距離」を気にされてみるのはいかがでしょうか。 仮に同じ燃費性能でも燃料タンク容量の大きさに違いがあれば、それだけガソリンスタンドに立ち寄る回数も変わってきます。そこで今回は航続距離に着目したこんなTOP9をお届けします。※PHEVモデルは除いています。

更新日2022/05/24

航続距離1,000km以上なら月1回の給油でも大丈夫

トヨタ RAV4(米国仕様) 2018

とある保険会社の調査によると日常のお買い物や、週末のレジャーで利用する場合、年間走行距離は7,000km以上〜1万km未満になるそうです。

これを毎月に換算すると約800kmとなり、さらにプラスアルファを加味しても月1,000km走れれば一般ユーザーにとっては十分な数値だという結果が分かります。

WLTCモード燃費×タンク容量で算出

そこで今回は、いちどの給油で1,000km以上走行できることを目安として、国産SUVの中からベスト9を選出してみることにしました。

航続距離はWLTCモード燃費×タンク容量で算出。カタログ値ですが、航続距離が1000km以上になったものを、ランキング形式で紹介していきます。

4WDの国産SUVを燃費で選ぶならこの5台!

 

航続距離1,000km以上の国産SUVランキング

9位:ホンダ 2代目ヴェゼル(ハイブリッド)【燃費25.0km/L×タンク容量40L=航続距離1,000km】

ホンダ ヴェゼル e:HEV Z FF アーバン スタイル 2021

見事、9位にランクインしたのはホンダ 2代目ヴェゼル ハイブリッドです。

タンク容量は全グレードで40Lで共通。ハイブリッドモデルで最も燃費がいいのは、エントリーモデルであるe:HEV X(FF)。25km/L×40Lでギリギリ航続距離1,000kmとなりました。

ほぼ日常の買い物でしか乗らない、遠出しないという方は他のグレードでも問題なく、月1回の給油で事足ります。
その航続距離の長さを実現しているのは、2モーターハイブリッドシステムe:HEVです。走行シーンによって3つのモードを切り替えることで、高効率な走りを実現しており、低燃費。

また先代よりもエンジンの静粛性も高められているので、ストレスなく快適なドライブが楽しめるモデルです。

ヴェゼルの中古車情報を見てみる

 

8位:トヨタ カローラクロス(ハイブリッド)【燃費24.2km/L×タンク容量43L=航続距離1040.6km】

トヨタ カローラ クロス ハイブリッドS 2021

2021年9月に発売されたばかりの新型モデルであるトヨタ カローラクロスが8位にランクインしました。

航続距離が1,000kmを超えているのは4WDモデルのみ。WLTCモード燃費は全グレード共通で、FFが26.2km/L、4WDが24.2km/LとミドルサイズSUVながらコンパクトSUV並みの低燃費となっています。

しかし、航続距離が1,000km以上になるのは、4WDモデルのみ。タンク容量はFFが36L、4WDが43L。4WDの方がタンク容量が大きいからです。

それでも4WDモデルで1040.6km、FFモデルでも943.2kmとなるので、こちらも日常使いメインのユーザーには充分な航続距離でしょう。

また、C-HRとRAV4の中間というちょうどいいサイズ感も魅力。取り回しがしやすいだけでなくレジャーにも使える荷室の広さも備えた一台となっています。

カローラクロスの中古車情報を見てみる

 

7位:トヨタ ヤリスクロス(ハイブリッド)【燃費30.8km/L×タンク容量36L=航続距離1108.8km】

トヨタ ヤリスクロス 2019

2021年SUV新車販売台数No.1のトヨタ ヤリスクロスが7位にランクインしました。

タンク容量は全グレード共通で36L。ハイブリッドのエントリーグレードであるハイブリッドXは、リッター30km越えと脅威の低燃費で、航続距離1108.8kmと余裕の1000km超えを果たしています。

ヤリスクロスはその低燃費もさることながら、コンパクトSUVらしからぬ充実した装備も魅力。

ハンズフリーパワーバックドア、アダプティブハイビームシステム[AHS]、セカンダリーコリジョンブレーキなど、トヨタコンパクトSUV初の装備が用意されている他、4:2:4分割リアシートも設定。

かゆいところに手が届く機能性の高いSUVとなっています。

ヤリスクロスの中古車情報を見てみる

 

6位:トヨタ C-HR(ハイブリッド)【燃費25.8km/L×タンク容量43L=航続距離1,109.4km】

トヨタ C-HR G 2020

C-HRは先進を研ぎ澄ませたデザインが印象的なトヨタの誇るコンパクトクロスオーバー。遠目からでもひとめで分かるエッジの効いたスタイルこそがC-HRのアイデンティティと思われている方も多いかもしれませんが、優れた燃費性能もまたC-HRの魅力となっています。

そんなC-HRには、最大熱効率40%を実現した1.2Lのダウンサイジングターボエンジンを搭載したガソリンモデルと、1.8Lの自然吸気エンジンに電気モーターを組み合わせたハイブリッドモデルが用意されており、その中で最も燃費性能に優れているのが2WDのハイブリッドモデル(G/S)となっています。

システム全体の高効率化によって低燃費を達成するとともに、モーターのトルクをしっかりと活用して発進した瞬間からリニアな走行フィールを楽しめるハイブリッドモデルの燃費性能は、WLTCモードで25.8km/Lをマーク(2WD)。燃料タンク容量から算出した航続距離は1,000kmオーバーとなっており、毎月の給油回数を大幅に削減することができるようになっています。

250万円出すなら、C-HRとヤリスクロスどちらを選ぶ?

C-HRの中古車情報を見てみる

 

5位:マツダ CX-3【燃費23.2km/L×タンク容量48L=航続距離1,113.6km】

マツダの提唱するデザインフィロソフィー「魂動デザイン」を深化させ、上質さを身に纏ったSUVとして知られるCX-3。マツダのSUVシリーズではボトムモデルに位置しながら、ラグジュアリーかつ洗練された大人のクロスオーバーモデルに仕上がっています。

パワートレインは2種類のガソリンエンジン「SKYACTIV」とクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」がラインナップされ、駆動方式は2WDと4WDが用意されています。そんなラインナップの中で最も燃費性能に優れているのが、SKYACTIV-Dを搭載した2WDモデル(XD/XD プロアクティブ Sパッケージ/XD エクスクルーシブ モッズ)。

WLTCモードでは最大23.2km/L、さらに高速道路モードでは最大24.4km/Lという高数値をマークしています。燃料タンク容量もコンパクトなボディながら48Lを確保しているため、トータルの航続距離は1,113.6kmという魅力的な数値を叩き出しています。

人気のSUV、燃費で選ぶならこの5台

CX-3の中古車情報を見てみる

 

4位:マツダ CX-8(ディーゼル)【燃費15.4km/L×タンク容量74L=航続距離1,139.6km】

マツダ CX-8 2017

見事4位に輝いたのは、CX-8でした。ここまではランキングのほとんどをコンパクトSUVが占めていましたが、ここに来ていきなりラージサイズSUVが飛び込んで来ました。
全長5m近くあるCX-8ですが、そのディーゼルモデルはFF15.8km/L、4WD15.4km/Lと低燃費。タンク容量はFFが72L、4WDが74Lとなっており、4WDの方が航続距離が長くなっています。
ボディサイズが大きいため、タンク容量もCX-3の48Lから大幅にアップ。ボディサイズが大きいと当然燃費は悪化しますが、航続距離には有利に働きます。
ちなみにFFは燃費15.8km×タンク容量72L=航続距離1,137.6km。FFと4WD、どちらを選択しても月1回の給油で済みそうです。
7人乗車もできるので、家族で移動することが多いユーザーにはおすすめの一台です。

CX-8の中古車情報を見てみる

 

3位:トヨタ RAV4(ハイブリッド)【燃費21.4km/L×タンク容量55L=航続距離1,177.0km】

トヨタ RAV4 2019

同じモデルながらグレードによって2種類のフロントマスクをもつトヨタ RAV4。力強さを持つ顔つきと都会的な顔という、2つの表情からスタイリングを選べるのもまたRAV4の魅力のひとつです。

パワートレインは2.0L 直4エンジンと、2.5Lのガソリンエンジンにハイブリッド機構を搭載した2種類が用意され、ガソリンエンジン&ハイブリッドのいずれもが優れた動力性能と低燃費を実現しています。またRAV4の駆動方式では、世界初となる「ダイナミックトルクベクタリングAWD」が搭載されたことでも話題を集めました。

そんなRAV4の中で最も燃費性能に優れているのが、2WDのハイブリッド車である「ハイブリッド X」。WLTCモードで21.4km/Lとなっており、4WD車の場合でも20.6km/Lという優れた性能を発揮します。

高い燃焼効率と高出力を両立した2.5Lダイナミックフォースエンジンに10速シーケンシャルシフトマチックを備えた「Direct Shift-CVT」を組み合わせ、小型・軽量・高効率化技術で進化したハイブリッドシステムを搭載することで、この燃費性能を生み出しています。

RAV4の中古車情報を見てみる

 

2位:ホンダ CR-V(ハイブリッド)【燃費21.2km/L×タンク容量57L=航続距離1,208.4km】

ホンダ CR-V 2020

ホンダが1995年から現在まで販売を続けているミドルクラスSUVのCR-V。2016年にはいったん日本国内での販売を休止していましたが、2018年に再び発売を再開。現在は5代目モデルとなっています。

どっしりとした存在感のあるスタイリングをもち、クラス感を超えるプレミアム感を演出。パワートレインでは2.4L級のNAエンジンに匹敵するパワーを持つ1.5Lガソリンターボエンジンのほか、2.0Lエンジンにホンダ独自の2モーターシステム「e:HEV」を組み合わせたハイブリッドが用意されています。

このe:HEVとは走行用と発電用の2つのモーターを組み合わせたハイブリッド機構で、シーンに応じてEV・ハイブリッド・エンジンとそれぞれの走行モードを切り替えることができるようになっています。

そんなCR-Vの中で最も燃費性能が優れているのが、2WDのハイブリッドモデル(e:HEV EX/e:HEV EX・マスターピース/e:HEV EX・ブラック エディション)。WLTCモードによる燃費は21.2km/Lとなっており、4WDモデルでも20.2km/Lをマークしています。またCR-Vは燃料タンク容量が57Lと大きく、航続距離のベスト5では第2位となりました。

CR-Vの中古車情報を見てみる

CR-Vハイブリッドの中古車情報を見てみる

1位:トヨタ ハリアー(ハイブリッド)【燃費22.3km/L×タンク容量55L=航続距離1,226.5km】

トヨタ ハリアー 2020

いずれ劣らぬ高い燃費性能を見せる国産SUVの中で、見事第1位となったのがトヨタ ハリアーです。元祖和製プレミアムSUVともいえるハリアーは、流麗なクーペフォルムが生み出す洗練されたスタイルをもち、安定した走りを予感させるワイドなスタンスに低く伸びやかなフードと、絞り込まれたグラマラスなプロポーションが特徴。

2020年には4代目へと進化を遂げ、より逞しくよりエレガントに生まれ変わりました。

パワートレインには、スムーズでダイレクトな加速感を味わえる2.0L 直噴エンジンと、2.5L ダイナミックフォースエンジンに小型・軽量・高効率化技術を組み合わせたハイブリッドシステムの2種類を用意。駆動システムには2WDと4WDが用意され、さらにハイブリッド車には「E-Four」と呼ばれる電気式4WDシステムも設定されています。

そんなハリアーのラインナップで最も燃費性能に優れているのが、2WDのハイブリッドモデル(Z/G/S)。WLTCモードでは22.6km/Lという燃費性能で、E-Four版で21.6km/Lを記録しています。タンク容量も55Lと大きく、航続距離は1,226.5kmとなっています。

軽SUVのWLTCモード燃費・航続距離ランキングTOP5

ハリアーの中古車情報を見てみる

ハリアーハイブリッドの中古車情報を見てみる

 

いかがでしたでしょうか。今回ピックアップした9つのモデルは、いずれも1回の給油で東京〜大阪間(片道約500km)の往復をノー給油で走り抜けることができる航続距離となっていることが分かりました。

もちろん燃費性能や航続距離だけがクルマの魅力ではありませんが、お得に長く愛車に乗り続けたいという方には、ひとつの指標として航続距離を考慮したクルマ選びもおすすめです。

WLTC燃費がいい輸入車SUVランキングTOP7

SUV在庫台数日本一を誇るSUVLANDで中古情報をチェック!