都内からアクセスが良い車中泊ができるRVパーク10選

平日は都会で働き、休日は郊外で過ごすというライフスタイルにあこがれて、車中泊のできるSUVを手に入れた方は多いと思います。しかし、以前の記事、車中泊するときに守るべき5つのマナー(https://www.suv-freaks.jp/8369)でもふれたように、公共の駐車スペースであれば、どこでも車中泊が可能というわけではなく、とくに都内近郊ではその傾向が強いようです。そこで、都内からアクセスの良い車中泊ができるRVパークを5つ探してみました。

更新日2019/11/26

車中泊するのにおすすめの場所

キャンピングカー
国土交通省の管轄する「道の駅」の駐車場は24時間利用可能です。ただし、その利用は交通安全のために仮眠をとるための休憩場所といった目的がメインで、車中泊での利用を禁止しているところもあります。
その一方で、キャンピングカーの普及に尽力している日本RV協会では、道の駅、日帰り温泉、オートキャンプ場、湯YOUパークなどと連携を行ない、車中泊のできる施設をRVパークとして認定しています。

RVパークでは、十分な駐車スペースに、24時間利用できるトイレ、100V電源が使用可能なことにくわえ、ごみ処理も可能なので、はじめての車中泊でも気軽に利用することができます。また、入退場制限が緩やかで、予約が必須ではないこと、一週間くらいの滞在も可能なこともポイントです。
以下では、茨城、栃木、群馬、埼玉、神奈川という都内から比較的アクセスの良いRVパークを紹介します。

 

都内から行ける車中泊できるスポット

太平洋から昇る朝日で目覚める『RVパークメイズムランド』


常磐自動車道の北茨城ICから10分というアクセスの良い場所にあるメイズムランド。目の前に広がる磯原海岸の絶景と潮風が気持ちのいいロケーションの駐車場に、水道、トイレ、電源を完備するほか、入浴施設やレストラン、トレーラーホテルも隣接するなど、充実したサービスが揃っています。
利用料金は1泊3,000円~/1台(トレーラー含む)となっており、気が向いたらトレーラーホテルを利用するのも良いかも知れません。

住所:〒319-1541 茨城県北茨城市磯原町磯原2547-3
問い合わせ:0293-44-7555

 

チャリダーにも優しい『城の湯RVパーク(矢板市城の湯やすらぎの里)』


東北自動車の矢板ICから約7分。中川の支流沿いにある、城の湯やすらぎの里と呼ばれるエリア内に、城の湯RVパークがあります。24時間利用できるトイレ&洗面所と100V/200V電源が利用可能なほか、エリアには、温泉はもちろん、バーベキュー場や炊事場も併設し、レンタサイクルやキャンプなどのアクティビティも楽しめます。
また、自転車を利用したまちづくりを行なっている矢板市を巡る拠点としても利用できます。利用料金は1泊2,000円/1台(トレーラー含む)です。

住所:〒329-2144 栃木県矢板市川崎反町393番地
問い合わせ:0287-44-1010

 

ワンちゃんも嬉しい『RVパーク ドッグランWANport』


関越自動車道 渋川伊香保ICから8km、駒寄スマートICから7kmの上毛三山パノラマ街道沿いにあるのがドッグランWANport。榛名山の麓、標高約500mの緑に囲まれた場所に、全面ウッドチップを敷き詰めた約700坪のドッグランとカフェがメインの施設で、RVパークとして幅5m×長さ7mの余裕あるスペースが5台ぶん用意されています。
1泊1,500円という利用料金には、電源使用料(電源は2台のみ)とゴミ処理代が含まれるほか、24時間利用可能なトイレも併設。愛犬と自然のなかで過ごす休日には、ぴったりの施設です。
日本三大うどんのひとつである「水沢うどん」屋さん街は、クルマで2分ほど。また伊香保・草津・水上・四万などの温泉地へ向う拠点としても利用できます。

住所:〒370-3606 群馬県北群馬郡吉岡町上野田2339-1
問い合わせ:0279-54-3714

 

都内近郊で車中泊を楽しめる『RVパーク キャラバンパーク所沢』


都内からそれほど離れず、車中泊を楽しみたいという方におすすめなのが、関越自動車道所沢ICの所沢方面出口からすぐのところにあるのがキャラバンパーク所沢。遠方まで行かなくても、泊りがけでバーベキューなど本格的なキャンプ気分を味わえる施設です。施設内には、24時間トイレ、シャワー、洗濯機や乾燥機のほか、クルマの洗車スペースなど、設備も充実。また施設内の焚火カフェでは、軽食やアルコールなどを提供しています。
利用料金は、1泊5,000円。キャンピングカーの預かりサービスも行なっており、近隣の所沢や川越市、都内などへの観光拠点としても利用できるユニークな施設です。

住所:〒359-0012 埼玉県所沢市大字坂ノ下1101-1
問い合わせ:090-2412-5517

 

三浦エリアを満喫できる『RVパークみうら』


三浦縦貫道の林出入口から車で10分。観光地として人気のある三浦半島にあるのが神奈川県初のRV パーク、RVパークみうらです。
利用料金は1泊2,500円/1台。施設内では、トイレ、洗面所、100V電源のほか、有料で温水シャワー、給水、洗車も利用できるほか、電気自動車用の200Vコンセントも完備されています。
近くには、有名な三崎の朝市(毎週日曜)が行われる三崎港や、長井町で取れた野菜や鮮魚を販売するすかなごっそがあり、また時期によってはミカン狩りやイチゴ狩りも楽しめます。さらにちょっと足を延ばせば、鎌倉や江ノ島にも行けるなど、見どころ満載。都内からなら日帰りも十分可能な三浦エリアですが、宿泊することによって思いっきり遊び倒すことが出来ます。

住所:〒238-0114 神奈川県三浦市初声町和田1703-1
お問い合わせ先:TEL090-3813-5262

 

RVパークあじがうら

RVパークあじがうらは民宿満州屋の敷地内に併設されているRVパークで、オートキャンプ場も備えています。さらに海まで徒歩5分というレジャーには打ってつけのRVパークです。周辺のスポットも充実しており、阿字ヶ浦海水浴場、国営ひたち海浜公園、那珂湊おさかな市場と観光からグルメまで満喫することができます。
民宿満州屋は総部屋数6室に加えてお風呂屋や温水シャワー、談話スペースなど、たっぷり遊んだ後はゆっくりと疲れを癒すことができるようになっています。さらにクルマでの旅行気分を盛り上げてくれる「くるま旅お料理コース」も用意されています(宿泊日の3日前までに予約、夕食のみ、お1人様3000円~)。RVパークとしては非常に充実した施設で利用料金は1泊3,000円~となっています。

住所:〒311-1202 茨城県ひたちなか市磯崎町4625−2
問い合わせ:029-265-8151

 

満天の星空を楽しめる『RVパーク みはらしの湯』


その名の通り、みはらしの良い田園風景が広がり、夜は満天の星空を楽しめるスポットです。24時間利用可能なお風呂の他、足湯、子供プールなど、ゆっくりと大自然を感じることができます。その他、オープンデッキ、炊事場、洗濯機(無料)、カフェ、居酒屋と独自の設備が一風変わったRVパークを演出してくれます。
利用料金は一泊1000円で、ごみ処理は無料、電源使用料は500円、トイレは24時間使用可能です。

住所:〒324-0612 栃木県那須郡那珂川町和見855
問い合わせ:0287-92-0125

 

道の駅で買い物も楽しめる『RVパークおおた』


RVパークおおたは、道の駅おおたにあるスポットです。道の駅ですから、産品をはじめとしたグルメが豊富です。食事は一般的な道の駅とは異なり屋台式のケータリングカービレッジで提供しているのが特徴です。
24時間利用可能なトイレ、休憩室、その他、電源ボックス、飲料水と充実した設備、夜間従業員もいるので、24時間予約なしで受付が可能です。(予約優先)事前に予定を立てなくても、思い立ったときに宿泊できるのはありがたいですね。
利用料金は1台1日1000円。ゴミ処理は指定のゴミ袋が1枚500円、電源は時間100円で利用でき、9時~18時の間は電源のみの利用も可能です。

住所:〒370-0421 群馬県太田市粕川町701-1
問い合わせ:0276-56-9350

 

観光の拠点におすすめ『地球屋RVパーク』


周辺には 名湯伊香保温泉、坂東三十三観音 水澤観音、水澤うどん街、榛東温泉ふれあい館と観光スポットにも恵まれており、地球屋RVパークを拠点に充実した一日を過ごすことができます。
利用料金は1泊2500円(前日までの予約必須)。24時間利用可能なトイレの他、Wi-fi、100V電源を完備。ごみ処理は無料(大きなゴミは有料)、その他、発電機、水道、ダンプステーション、同敷地内には天然酵母・添加物不使用のパンカフェもあり、朝6時からモーニング営業しています。

住所:〒370-3502 群馬県北群馬郡榛東村山子田1258-1
問い合わせ:0279-55-1700

 

車中泊なのに温泉も楽しめる『RVパークスパリゾートゆに~いく』

RVパークスパリゾートゆに~いくは、複合温泉施設で内湯、露天風呂、2種類のサウナ、貸切風呂とRVパークながら非常に充実した温泉施設がウリです。入浴料は大人6時間650円、家族風呂は1500円~となっています。
食事のメニューも豊富で、麺類、丼物、おつまみの他、90分食べ放題のバーベキューもおすすめです。
設備は24時間使用可能のトイレ(施設内トイレは営業時間内)、電源、水道、ゴミ処理は有料で300円です。

住所:〒378-0031 群馬県沼田市薄根町3435
問い合わせ:0278-22-8448

 

都内から近いのに大自然が楽しめる『RVパークヘリテイジ美の山』

秩父長瀞のリゾートにあるRVパークヘリテイジ美の山。美の山の山頂付近に位置しているため、満天の星空、雲海、野鳥のさえずりなど、首都圏からわずか90分とは思えない大自然を存分に味わうことが出来ます。
リゾートホテルにあるということもあり、車中泊で不便に感じることがないくらいに設備は充実しています。1泊3300円、大展望天然温泉は大人1人880円、電源とゴミ処理はそれぞれ550円、トイレは24時間利用可能です。

住所:〒369-1412 埼玉県秩父郡皆野町皆野3415
問い合わせ:0494-62-4355

 

夏は川遊びが楽しめる『RVパーク 中津川』


RVパーク中津川は中津川がすぐ隣を流れており、5月〜6月は川向うに蛍、夏は川遊び。周辺にはフィッシングフィールド中津川、服部牧場、県立愛川公園、宮ケ瀬湖と家族で楽しめるスポットが多数あります。
一泊3,000円、トイレは24時間利用可能、お風呂とシャワーは中学生以上で1人500円、ゴミ処理は無料、電源の利用可。
周辺には湯花楽という温泉施設もあり、一日の疲れを癒すことができます。

住所:〒243-0307 神奈川県愛甲郡愛川町半原125-1
問い合わせ:090-2450-5548

ここでは、それぞれに特徴がある施設をピックアップして紹介しました。ほかにも、関東エリアには、数多くのRVパークがあるので、自分の目的にあった施設を見つけて利用してください。

車中泊に役立つアイテム10選

車中泊におすすめな国産SUV5選

SUVのアソビ方を見てみる