SUVで行こう!中国のおすすめグランピング施設10選

中国地方には、魅力的なグランピングスポットが数多くあります。中国地方には、国立公園や歴史的な遺産も多く、豊かな自然も残されていることからグランピングには魅力的な土地。そこで今回は、中国地方にあるおすすめのグランピング施設を10箇所ピックアップして紹介します。

更新日2022/12/28

大山

鳥取県

西伯郡伯耆町「FBI DAISEN(えふびーあい だいせん)」

・グランピングとしても楽しめるおしゃれなキャンプ場!?

「FBI DAISEN」は、中国地方の最高峰・大山のふもとで、約2万8000坪という広大な敷地内でアウトドア体験ができるグランピングスポットです。

敷地のなかにコットンテントとキャビンを常設しており、日本国内では販売されていないスウェーデン製の本格的なティピーに泊まることもできます。

日帰りでBBQができるデイキャンプ用のサイトや電源付きのプライベートサイトも完備。その他、ドッグランや軽食やアルコールを提供するカフェバー、プールにサウナ設備もあり、年齢性別問わず楽しめるアクティビティも充実しています。

また、オプションのフードメニューが多彩なのも魅力のひとつ。冬季限定販売となる鳥取のカニ鍋を始め、大仙の自然で育ったハーブ鶏を使ったBIGビア缶チキンセット、生ラムジンギスカンセットなど、鳥取ならではの食材を用いた料理を味わうことができます。

住所:鳥取県西伯郡伯耆町小林706
アクセス:米子自動車道 溝口ICより約10分

島根県

江津市「温泉リゾート 風の国(おんせんりぞーと かぜのくに)」

・冬のグランピングを楽しみたい方にもおすすめ

島根県江津市の小高い丘の上、約33ヘクタールもの広大な敷地を誇る「温泉リゾート 風の国」は、2019年にグラピングサイトをオープンさせました。

針葉樹森の一角に、まるで秘密基地を思わせるテントを設置。釣り下げられた球体型のテント3基と、ドームテント2基を常設しています。

日本でツリーハウスの第一人者と言われている小林崇氏が設計・建築を手がけたツリーハウスと、木製トレーラーハウスの「住箱-Jyubako-」も設置。インテリアや照明にまでこだわった客室内で、ホテルとは少し違った過ごし方を楽しむことができます。

食事は、屋外レストランであるガーデンキッチンで提供。自然を身近に感じられるキッチンで、グランピングサイトまたはコテージの宿泊客は夕食を。昼は、日帰りBBQが可能です。

住所:島根県江津市桜江町長谷2696番
アクセス:浜田自動車道 旭ICから約7分

出雲市「glampark 四季荘(ぐらんぱーく しきそう)」

・1日2組限定のグランピング施設

縁結びの聖地で知られる、出雲市の湯の川温泉にあるのが「glampark 四季荘」です。1日2組限定というゆっくりと静かな雰囲気のなか、プライベートが確保されているドーム型テントに宿泊することができます。

チェックインしてすぐに楽しめるBBQでは、島根牛のカルビや山陰沖で水揚げされたサザエなど島根ならではの食材が目白押し。なかでも、鶏を一羽まるまる調理するビア缶チキンはアメリカを発祥とする見た目も豪快。皮はぱりぱり、中はしっとりジューシー、ボリュームも大満足な逸品です。

併設される日本三大美人の湯と称される湯の川温泉は美肌効果に優れるといわれている優れた泉質。内湯だけでなく露天風呂で日々の疲れをゆったりと癒すことができるでしょう。

住所:島根県出雲市斐川町学頭1369
アクセス:山陰自動車道 宍道ICから約5分

仁多郡奥出雲町「奥出雲ワイルドグランピング(おくいずも わいるどぐらんぴんぐ)」

・わがままを聞いてくれる貸し切りグランピング施設
島根県の島南端に位置する奥出雲町は、山々に囲まれ、古くは日本古来の製鉄法であるたたら製鉄で栄えた土地としても知られ、スサノオノミコトが降臨したと伝えられる出雲神話発祥の地であり、神秘的な雰囲気が漂う場所。

「奥出雲ワイルドグランピング」は、そんな神秘的な場所で完全貸し切りでグランピングができるスポットです。

決まったプランは設けられておらず、1日1組限定の宿泊客の要望や人数、スタイルを聞いたうえでプランの作成やアウトドア用品のセッティングをしてくれるカスタマイズ性の高さが魅力のなっています。

BBQでは、猟師でもあるオーナーみずから仕入れる新鮮で丁寧に処理されたジビエや島根産の和牛、奥出雲の野菜といった地元の食材をお腹いっぱい味わうことができるほか、消灯時間や焚火、音楽などの制限もないため、本当に自由な時間を満喫することができるでしょう。

住所:島根県仁多郡奥出雲町下横田1652-1
アクセス:中国横断自動車道尾道 松江線高野ICから約40分

岡山県

玉野市「瀬戸内 貸切 無人島 KUJIRA-JIMA(せとうちかしきりむじんとう くじらじま)」

・無人島を独り占めするという贅沢体験

「瀬戸内 貸切 無人島 KUJIRA-JIMA」は、瀬戸内海に浮かぶ無人島・くじら島をまるごと全部キャンプ場にしたアウトドアスポットです。

無人島を丸ごと貸切って、瀬戸内海を間近に感じながら過ごすグランピングだけでなく、コテージへの宿泊やキャンプ、日帰りなどシーンに応じたいろいろなプランが取り揃えられています。

食事は岡山県産の食材にこだわった千屋牛のBBQセットをはじめ、瀬戸内海で水揚げされた海鮮、地元野菜のセットなど、バリエーション豊か。1ヵ月前までに予約することで、専属シェフによる出張料理サービスも受けられるので、特別な日の思い出作りにもおすすめ。

キャンプファイヤーや焚火、テントサウナといったアウトドア体験の他、ロケーションを生かしたマリンアクティビティを楽しめるのも魅力。さらにシーカヤックやサップ、カヤックフィシングにサンセットクルーズなど、ここでしかできない体験が充実しています。

住所:岡山県玉野市築港1-1-11
アクセス:宇野港より送迎船が出港

瀬戸内市「Glamping ベースビーチ(ぐらんぴんぐ べーすびーち)」



「Glamping ベースビーチ」は、2016年に閉鎖された西脇海岸の海水浴場を、現在のオーナーやスタッフがふたたび価値のあるものにしたいとオープンさせたグランピング施設です。

開放的なビーチサイドに建てられるグランピングテントは、ワンポール式の広々とした空間を確保。機材・食材準備・火起こしなどはスタッフが行ってくれるため、アウトドア初心者でも安心して絶好のロケーションを満喫することができます。

またBBQはベーシックなメニューのBBQプランをはじめ、季節限定の鍋コースや地産のジビエが味わえるスペシャルプランのほか、食材の持ち込みにも対応してくれます。

目の前に広がる瀬戸内海と、遠くには小豆島が望めるロケーションで、ゆったりとしたショートトリップを満喫できるグランピングスポットです。

住所:岡山県瀬戸内市牛窓町鹿忍6679-5
アクセス:岡山ブルーライン 瀬戸内ICから約20分

広島県

呉市「GLAMPISPA瀬戸内(ぐらんぴすぱ せとうち)」

・全室天然温泉露天風呂とファイヤーピット付

瀬戸内広島レモンやみかんの島として知られている大崎下島のシーサイドに位置する「GLAMPISPA瀬戸内」は、2021年9月にオープンしたばかりのグランピング施設です。

呉市の施設としては初めてドームテントとペットも同伴可能なコテージタイプの2種類の施設を合計12棟設置。すべての部屋に、専用の天然温泉露天風呂とファイヤーピット付のプライベートガーデンを備えています。

また雨の日でも快適にBBQが楽しめるよう、各棟にガゼボを設置。提供されているグランピングBBQ付きプランでは、地元瀬戸内産の海と山の幸を堪能できるほか、素泊まりプランでは食材の持ち込みもOK。好きな食材をつかったオリジナルのグランピングBBQを楽しむことができます。

島の豊かな自然と瀬戸内海を眺めながら、ラグジュアリーなアウトドア体験をす満喫してはいかがでしょうか。

住所:広島県呉市豊町大長6164
アクセス:山陽自動車道 高屋ICから約1時間20分

広島市「The Island(ざ あいらんど)」

・オーシャンフロントのプライベートテラスでゆったり食事

広島から船で10分。瀬戸内海に浮かぶ孤島、金輪島で空と海を身近に満喫できるのが広島市の「The Island」です。

大人4人でもゆったりと過ごせる広々とした大型テントは、設備やインテリアもホテルに引けをとらないクオリティ。メイク落としや洗顔、化粧水などアメニティも充実しているので、アウトドア初心者でも安心して利用することができるでしょう。

またThe Islandではアウトドアを気軽に楽しんでほしいという思いから、火の準備から後片付けまですべてスタッフが行ってくれます。

宿泊客は、オーシャンフロントのプライベートテラスで、ゆったりと食事を満喫するだけ。広島の新鮮な食材と、なかなか味わえない開放的な環境を心行くまで堪能することができます。

BBQメニューに加え、やわらかいハンバーグやゆで野菜などをワンプレートにした子供用のメニューも用意されているため、小さな子供がいるファミリーでも安心です。

住所:広島県広島市南区宇品町金輪島5097-5
アクセス:市営広島桟橋(広島海上ビル)から金輪島まで船で約10分 金輪島の港からは送迎あり

山口県

美祢市「レドンド秋吉台(れどんど あきよしだい)」

・グランピング施設でアート体験

「レドンド秋吉台」は山口県の美祢市に、2022年8月にオープンしたグランピング施設です。

国内でも珍しい光のアート型グランピング施設として、”ひかりと森の宴”を掲げており、夜になるとテントサイトを囲む約100メートル規模の木々が幻想的にライトアップされます。

敷地内に設置された6つのテントは、遠くの山々が望めるヒルビューと、ライトアップされる森に面したフォレストビューの2つがあり、宿泊するテントによって異なる景色を楽しめます。光の演出は、季節によっても変化するので、訪れるたびに違った感動を味わえるでしょう。

食事は、山口県産の肉だけを使ったBBQおせちです。やまぐち和牛やむつみ豚、長州どりなど、贅沢な3種類の肉に加え、日替わりで変わる季節の野菜をじっくりと炭火で調理。人気のオリジナルビールであるレドンドビールと合わせて、彩り豊かでひと味違うBBQを堪能しましょう。

住所:山口県美祢市秋芳町秋吉3186
アクセス:中国自動車道 小郡ICから約20分

萩市「萩アクティビティパーク(はぎ あくてぃびてぃぱーく)」

・カートにも乗れちゃう複合型アミューズメント施設

「萩アクティビティパーク」は、車を乗り入れられるオートキャンプ場やトレーラーハウス、個性的なデザインのケビンを宿泊施設として備えるアウトドアスポットです。

その他、サーキットやラジコン専用のオンロードサーキットといった珍しい設備も備えている複合型のアミューズメント施設であり、萩の自然に囲まれた静かな場所でゆったりとした時間を過ごすことができます。

本格的なトレーラーハウス内はアメリカンな雰囲気が漂い、寝具はもちろんエアコンや冷蔵庫、レンジなどを完備。

ケビンは隠れ家的な雰囲気がわくわくする球体型で、1棟につき5~6人で宿泊することができ、電源と屋外にそれぞれ流し台が併設されています。

完全予約制の萩アクティビティパークですが、冬季は休業しているため利用することができません。営業再開は2023年4月1日からとなっています。

住所:山口県萩市大字佐々並463-1
アクセス:中国自動車道 山口ICから約40分

中国地方には、それぞれに個性豊かなグランピング施設があり、日常ではできない体験と癒しのひと時を提供してくれます。自然が多く残る中国地方では、四季折々の自然を見ることができるのも楽しみの1つ。SUVでお気に入りのグランピングスポットに出かけてみてはいかがでしょうか。